• ホーム
  • インフルエンサー・マーケティングとは?

インフルエンサー・マーケティングとは?

SNSや動画共有サービスの普及にともなって、一般人がタレントの人気を凌駕するほどの人気を集める事例も珍しい事象では無くなりつつあります。いわゆるユーチューバーにあたるゆうこすやHikakinなどの人物が代表的です。ゆうこすやHikakinなどはSNSや動画共有サービスで動画を発表したり写真を投稿するなどして、一般ユーザーに大きな影響力を与えています。
このような人物は特にインフルエンサーと呼ばれている人々です。ここにインフルエンサーとは、一般人や社会全体に大きな影響力を発揮する個人のことを指しています。単なる市井人でありながら、社会や消費者に大きな影響力を有する点に着目したマーケティング手法がインフルエンサー・マーケティングになります。

宣伝広告の出稿先はSNSや動画共有サービスであることが一般的で、インフルエンサーが自社企業の商品を使用している様子や行動を映像や動画とともに、関連ページのURLを貼ったり説明テキストなどを貼付することになります。
ただしここで注意が必要なのは、企業の宣伝広告である旨を明記する必要があることです。さもないとステルスマーケティングと消費者に認識される可能性があります。つまり消費者に広告である事実を隠匿することで、露見すると企業イメージやブランディングは失墜するリスクに直面することになるからです。

インフルエンサー・マーケティングの特徴として、Hikakinやゆうこすなどの演者の意向がクライアントである企業よりも重視されることがあります。インフルエンサーの通常の投稿と同様の行動や、テイストに仕上げることでターゲットユーザーに違和感なく受け入れてもらえるというメリットを享受できます。

ところでインフルエンサー・マーケティングをうまく活用するには、各SNSの特性を踏まえて商品やサービスを選択する必要があります。instagramではインスタ映えという言葉に垣間見ることができるように、フォトジェニックな商品やサービスに適しています。美容やグルメ・インテリアなどが適合するでしょう。

動画共有サービスのyoutubeは、視聴者層が年少者から大人まで幅広い層に分布しています。情報量の多い動画を駆使できるので、インフルエンサーが影響を与える層をペルソナにして商品やサービスを選ぶことになります。
twitterは情報の拡散性が持ち味なので、特に認知度をアップさせたいときに向いています。ときに爆発的な拡散を見せるのでキャンペーンなどの告知にも向いているでしょう。

関連記事