• ホーム
  • SNS広告の種類は意外とある?

SNS広告の種類は意外とある?

色々なSNSサイト

日本国内におけるSNSのユーザーの数の増加は目覚しいものがあり、既に7000万人を突破しています。利用者の拡大に軌を一にするかのようにWEBマーケティングツールとしての活用に注目があつまり、SNSを舞台にしたインフィード広告の利用が拡大しています。
インフィード広告とは、FacebookやTwitterなどのフィード型のソーシャルメディアのコンテンツの間に表示される広告のことを指しているのです。コンテンツと同様のフォーマットで運用されるのが特徴で、いわゆるSNS広告に分類されるものです。

SNS広告にはそれぞれのプラットフォームに応じて幾つかの種類がありますが、ターゲティング精度の高さが特徴です。例えばFacebookでは実名や居住地域・職業や趣味などのプロフィールを登録するため、商品やサービスに応じたターゲット層を想定して効果的な広告活動を実践することが可能になります。

SNS広告には種類に応じて、異なる特徴を持っているので出稿の際にはアプローチしたいユーザーに応じて使い分ける姿勢が求められるのです。そこで現在運用されているSNS広告の代表的なものを御紹介しましょう。
Facebookといえばカルーセル広告を採用していることで有名です。カルーセル広告とは一つの広告枠に対して複数の動画やリンク・CTAボタンを設置できる広告になります。実名登録や地域や趣味などを登録しているので、ターゲットを絞って広告内容を最適化できるのが魅力です。

Twitterで採用されているのは、プロモツイート広告を挙げることができます。プロモツイートとは広告に使用する予定のツイートを拡散させたいときに利用される広告のことです。通常のツイートと変わらないので、より広い範囲への拡散効果を期待できます。

インスタグラムは圧倒的に女性ユーザーの数が多いことから、女性向けのコスメ用品やサービスの広告に適しているのが特徴です。インスタグラム内のストーリーズという動画機能に出稿することも可能で、自然な流れでユーザーに訴求することができるわけです。
LINEのSNS広告としては、LINE Ads Platformです。LINE Ads PlatformとはLINEが提供する運用型広告のプラットフォームです。LINE上のNEWSやマンガ・タイムラインやBLOG画面などに広告を展開することができます。他のSNSに比較して利用者が多く、幅広い年代を対象に広告することが可能です。

関連記事